SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

石善学園ブログ

新潟第一中学校・新潟第一高等学校のブログです。
海外教育研修2013 現地報告5
 現地時間7月25日(木)、朝食の時間にミールチェックを行い、生徒がきちんと朝食を取っているか、体調に問題はないか確認しました。午前中は英語の授業で、午後からは前日と同様に、2班に分かれて活動しました。昨日とは逆に、A班は現地の英語教師に案内してもらい、キャンパス内の森の中を2時間ほど巡る自然散策(Nature Walk)に、B班は、SAL に案内してもらい、キャンパス内を3時間ほど巡るツアー(Campus Tour)に出かけました。キャンパスは非常に広く、無料の巡回バスが運行しています。長い坂道を上ったり下りたりして、長時間の散歩に疲れた様子も見せていましたが、SALの説明を熱心に聞いていました。キャンパスには、大きな図書館が幾つもあったり、シアターがあったり、果てが見えない程の大きなグラウンドやテニスコート、バスケットコート、プール、体育館があったりと、生徒はUCSCの大きさを改めて実感していました。多くの木々に囲まれた中で、野生のリスと遭遇してカメラを向ける姿も印象的でした。

 研修5日目の今日は、活動が終わった後にほとんどの生徒がドミトリー前でSALと積極的にコミュニケーションを取っている様子が見られました。

ミールチェック       自然散策にて
 


自然散策にて◆      ー然散策にて
 

キャンパスツアー     .ャンパスツアー
 

キャンパスツアー


| 海外研修報告 |
海外教育研修2013 現地報告4
 

 現地時間7月24日(水)、午前中は昨日から始まった英語の授業、午後からは2班に分かれてドミトリーの外で活動しました。A班は、SAL に案内してもらい、キャンパス内を3時間ほど巡るツアー(Campus Tour)に出かけました。広大なキャンパスや眼下に広がる雲海、楽しそうに遊んでいるリスたちを見て生徒は驚いていました。B班は現地の英語教師に案内してもらい、キャンパス内の森の中を2時間ほど巡る自然散策(Nature Walk)に出かけました。見渡す限り高く真っ直ぐに成長したカリフォルニアの杉に囲まれた森を進んだり、さまざまな植物に触れたりして、日本とは異なる自然の姿に驚いていたようです。

 SALとの活動も3日目。一緒に写真を撮ったり、ハイタッチをしたり、徐々に打ち解けてきている様子でした。

キャンパスツアーにて      キャンパスツアーにて
 


自然散策にて       自然散策にて
   

| 海外研修報告 |
海外教育研修2013 現地報告3
 現地時間7月23日(火)、本日から午前中の現地の英語教師による授業がスタートしました。初日ということもあり、いささか緊張した面持ちで教室に向かって行く姿が大変印象的でした。現地の英語教師からの報告によると、授業が始まると英語を吸収しようと積極的に取り組んでいたとのことでした。(授業風景は、生徒が授業に慣れて来た頃、載せる予定です) 午後からは、前日と同様に、2班に分かれて活動しました。昨日とは逆に、A班は現地の英語教師に大学内の消防署へ案内してもらい、B班は SAL にキャピトーラモールへバスで連れて行ってもらい、それぞれの活動に積極的に参加していました。また、本日から全体ミーティングの代わりに班長会議・英語クラス長・SA長会議が行われ、ようやくこちらでの生活が本格化してきました。

  

  

  
| 海外研修報告 |
海外教育研修2013 現地報告2
 

 現地時間7月22日(月)早朝、朝食を食べようと外に出たところ、バナナスラッグを発見!生徒たちに触られ、つつかれ、大人気のナメクジでした。

   
 現地の英語教師との初顔合わせとなるオリエンテーションが行われました。その後、簡単な英語のテストと現地の英語教師との1対1のインタビューが行われ、生徒は緊張しながらも英語での受け答えに積極的に挑戦していました。午後からは、2班に分かれて活動しました。A班は、現地の大学生・Student Activity Leader(以下、SAL)にキャピトーラモールへバスで連れて行ってもらい、後日の自由行動の練習をしました。B班は、現地の英語教師に大学内の消防署へ案内してもらい、現地の消防署員の話を聞き、実際に放水の体験もしました。
   

   
 
 

   


| 海外研修報告 |
海外教育研修2013 現地報告1
 

 

 

 
 現地時間7月21日(日)、有志71名を乗せた
ANA8便はサンフランシスコ国際空港に無事降り立ちました。緊張気味に入国審査を終え、息つく暇もなくバスでUCSCに向かいました。大変慌ただしい旅でしたが、全員が元気にドミトリーにチェックインしました。

成田空港にて
  

サンフランシスコ国際空港にて  UCSCに到着&チェックイン
  

楽しい夕食
  
| 海外研修報告 |
海外教育研修2012 現地報告15

 現地時間8月5日(日)、今日は研修のすべての活動を終える日。先週の日曜日と逆に、B班がホームビジット、A班がフリーデーの活動となりました。
 B班は、研修を終える最終日にホームビジットに行きました。午前中のオリエンテーションが始まると、生徒はホームビジットがいよいよ始まることを強く感じ、ホストファミリーが自動車で迎えに来るのを待っているときには緊張を隠すせない様子でした。1番最初に迎えに来られたホストファミリーの車がオープンカーということで、その待ち合わせ場所の雰囲気も明るくなりましたが、その後、1台、1台と迎えの車が来るたびに生徒の心に訪れる緊張の波がこちらにもひしひしと伝わってきました。すべての班が出発してからおよそ5時間。それぞれのファミリーで様々な活動をして過ごし、それぞれ感じ方の違う思い出を心に刻み、再びドミトリーへ帰ってきました。そこには、出発のときとは違う生徒のさまざまな表情がありました。時間は短かったですが、生徒にとってかけがえのない体験ができたのではないかと思います。
 一方、A班は、フリーデーということで、事前に提出してもらった計画書をもとに、生徒たちでバスを途中1回乗り継ぎ、片道約1時間かかるキャピタルモールというショッピングモールへ昼食と買い物に出かけました。SALや教員のサポートを受けながらも、生徒自身で昼食をとったり買い物をしたりと思い思いの時間を過ごしドミトリーへ元気に戻ってきました。
 いよいよ明日、グラジュエーション(研修の修了式)を迎えます。生徒は、帰国に向け荷造りをしながら、3週間の日々を思い返し、日本に帰りたい気持ちと、まだアメリカにいたい気持ちとが揺れ動くそんな夜を迎えているはずです。
(今回で現地からの報告を終了します。日本時間8月8日、生徒93名全員無事に日本へ帰ってきたいと思います。 )
<担当:山田義久>

休憩時間を見つけてダンスの練習   ホームビジット直前のオリエンテーション

ホームビジット          .曄璽爛咼献奪鉢

ホームビジット          キャピタルモールにて

キャピタルモールにて◆      ヽ涜緝柔古未琉嶇を讃えて記念品贈呈
| 海外研修報告 |
海外教育研修2012 現地報告14

 現地時間8月4日(土)、今日はバスで一日サンフランシスコ研修に行ってきました。まず、霧がかったゴールデンゲートブリッジに行きました。眼下に広がる海とそれに架かる大きな吊り橋に心を奪われていました。次に、ピア39に移動し、昼食と買い物を楽しみました。クラムチャウダーが有名な場所ということで、多くの生徒が昼食にそれを食べていました。お腹が満たされたところで、サンフランシスコジャイアンツのホームスタジアムであるAT&Tスタジアムに行きました。滞在時間は長くはありませんでしたが、試合のない日なのでスタジアムの外野スタンドからグラウンドを見下ろすことができました。次に、スタンフォード大学に移動し、とても大きな生協で買い物を楽しみました。その後、キャンパス内の建物や彫刻などを見学しながらバスに戻りました。最後に、帰路の途中でショッピングモールにあるビュッフェ形式のレストランで夕食をとりました。「TATAMI」という名のこの店には、日本人の口に合う味付けの味噌汁や寿司、うどん、ケーキなどをはじめさまざまな料理を好きなだけ食べることができ、生徒は懐かしく思える日本の味を堪能しました。

ゴールデンゲートブリッジを背景に .粥璽襯妊鵐押璽肇屮螢奪犬鯒愀覆豊

ピア39で有名なクラムチャウダーを ピア39内で        

AT&Tスタジアムを背景に     AT&Tスタジアム内で

スタンフォード大学キャンパスにて .好織鵐侫ード大学キャンパスにて
| 海外研修報告 |
海外教育研修2012 現地報告13

 現地時間8月3日(金)、午前中は、今日を含め残り2日を残すばかりとなった英語の授業でした。各班、3日後に迫った修了式で披露する歌やダンスの練習を真剣に取り組んでいました。
 午後からは、バスに揺られること1時間半、グレートアメリカに行ってきました。東京ディズニーランドほどではないですが、かなり大きな遊園地で、スリリングなジェットコースターやアトラクションが幾つもあったり、スヌーピーのテーマタウンがあったりと、入場を待つときから生徒は目を輝かせていました。限られた短い時間の中でも各グループが思い思いに楽しそうに過ごしていました。

グレートアメリカエントランス    セキュリティーチェックを通過して    

いよいよアトラクションへ      アトラクション

アトラクション◆         .▲肇薀ション

ジェットコースターをバックにして  スヌーピーのショップの前で

少し早めの夕食           集合の前にのどを潤して
| 海外研修報告 |
海外教育研修2012 現地報告12

 現地時間8月2日(木)、午前中は英語の授業でしたが、今日は昨日と逆に、B班が SAL の案内のもとダウンタウンで昼食をとるため、授業をいつもより少し早めに切り上げ、バスで出かけて行きました。一方、A班は、午後から SAL の案内のもとバスでダウンタウンに出かけて行きました。ダウンタウンでは、昨日のB班同様、カリフォルニアの歴史と芸術の博物館に行った後、トレジャーハントを行いました。
 SAL の人たちは、研修当初から連日自主的に、予定された活動を終えてもなお生徒と積極的にコミュニケーションを取ろうとしてくれ、そんな姿に生徒も積極的に話しかけるようになりました。今では、午後の活動を終え夕食までの時間、庭や広場で SAL と生徒が楽しく関わる姿が日常のようになっています。今日は、もうまもなく来る別れを惜しむように、生徒が SAL の人たちに住所の交換をお願いしている光景がありました。生徒の心の中に、この研修が深く焼き付いていると強く感じる一日となりました。

バスから降りてダウンタウンへ    博物館にて    

博物館にて◆           ’酳館の屋上から    

トレジャーハント          ダウンタウンでの昼食

ダウンタウンでの昼食◆      .瀬Ε鵐織Ε鵑任涼訖
| 海外研修報告 |
海外教育研修2012 現地報告11

 現地時間8月1日(水)、午前中は、大詰めを迎え始めた英語の授業でしたが、A班は、SAL の案内のもとダウンタウンで昼食をとるため、授業をいつもより少し早めに切り上げ、バスで出かけて行きました。生徒自身の力で、お店に入り、注文し、食事をとり、会計をする。SAL のサポートを受けながら、そんな日本では当たり前の外食を無事にとることができました。その後、A班は、ダウンタウンを歩きながら買い物を楽しみました。
 一方、B班は、午後から SAL の案内のもとバスでダウンタウンに出かけて行きました。ダウンタウンでは、まず、カリフォルニアの歴史と芸術の博物館に行き、案内ガイドの説明のもと館内を見学しました。その後、ダウンタウンのいくつかのお店を尋ね歩き、それぞれのお店の店員に用意された質問をし答えを聞いてくる、トレジャーハントを行いました。

ダウンタウンへ向かう途中      ダウンタウンでの昼食

ダウンタウンでの昼食◆      .瀬Ε鵐織Ε鵑任涼訖

ダウンタウンでの買い物       博物館にて

博物館にて◆           ’酳館にて    

トレジャーハント         .肇譽献磧璽魯鵐鉢◆   
| 海外研修報告 |