SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

石善学園ブログ

新潟第一中学校・新潟第一高等学校のブログです。
<< 悪天候による交通機関の乱れへの対応について | main | 年末年始の学校閉鎖について >>
二学期終業式が行われました。

12月22日(金)に二学期終業式が行われました。

初めに、新生徒会役員の認証式と部活動等の賞状伝達、球技大会の表彰がされました。

 

 

その後、校長先生のお話がありました。その内容の一部を紹介します。

 

 まずは二学期、大きな事故等もなく石善ファミリー一同無事を喜びたい。二学期は各人にとってどんなものだったろうか。

いつもの定番になるが、「これからがこれまでを決める」。さぼった人もこれから頑張ればそれは成長の前の小さな挫折。頑張った人がこれからさぼってしまうとこれまでの努力は水の泡となる。すべては「これからがこれまでを決める」。

 さて、冬になり夜空には冬の大三角形が見えた。若いころ穂高岳や剣岳に登り、ビバーク(野営)した時に見た冬の大三角形を今でも覚えている。冬と言えば道元禅師の句「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬は雪冴えて すずしかりけり」が蘇る。口に出すと味わい深いものである。新潟の静かな冬に読書も悪くはない。

 今回は読書の話として、新渡戸稲造の『武士道』について。新渡戸稲造は『平家物語』の所謂「敦盛の最期」のくだりを引用し、武士道の真髄は「弱者、劣者、敗者に対する仁」だと述べた。また、平家物語で思い出されるのは「文事あるものは必ず武備あり」といいう『史記』の一説が「文武二道」という言葉で出てくる。今では「文武両道」となっている。今は勉強に追われている生徒たちだが、ぜひいい本をたくさん読んでほしい。

 

といったものでした。年末年始、充実した休みにしてほしいと思います。皆様良いお年をお過ごしください。

| 学校からのお知らせ |