SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

石善学園ブログ

新潟第一中学校・新潟第一高等学校のブログです。
平成29年度 高校海外研修報告

 高校海外研修は、アメリカ東海岸のボストン、ニューヨーク、ワシントンをめぐる79日の研修の旅であった。2泊のホームステイの他、各都市の名所を見学して回った。

 

1日目 【ボストン】 Friday, March 9

 

成田空港から約13時間のフライトの後、39日(金)1830頃、ボストンのローガン空港に到着した。初めて現地の人の生の英語に触れる入国手続きはとても緊張していたようであるが、それも無事に終え、出迎えのバスに乗り込んでホテルに向かった。天気は小雪混じりで、新潟の真冬のような寒さであった。ピザレストランで食事をとってからホテルのチェックインを済ませ、ようやく長旅の疲れを癒すことができた。

 

2日目 【ボストン】 Saturday, March 10

 

一日中晴天であったが、やはり新潟の真冬のような寒さであった。まずは世界最高峰ともいわれるハーバード大学に行き、学生による英語での説明を聞きながら、大学構内の一部を案内してもらった。最後には大学のグッズを扱っているショップ(とは言っても十分な広さの店舗である)で、初めてのショッピングをした。その後は、ボストン市街のクインシー・マーケットで昼食をとり、午後はボストン美術館を見学した。ここにはエジプト文明やギリシア、ローマ時代の遺品、中国文明の青銅器や青白磁など、洋の東西を問わぬ数々の遺物が並んでいた。最も目を奪われたものは、印象派画家の名作の数々であった。この日は夕方からホームステイとなる。場所はボストンからフリーウェイを2時間ほど走ったところにあるアマーストという町であった。町の図書館でホストファミリーと対面し、生徒たちは多少緊張しながらも、笑顔でそれぞれのホームステイ先へと向かった。

 

3日目 【ボストン郊外アマースト】 Sunday, March 11

 

各ホームステイ先で一日を過ごした。この日からサマータイム制がスタートした。真夜中の2時に(実際は就寝の前に)時計の針を1時間すすめる。

   

 

4日目 【ニューヨーク】 Monday, March 12

 

ショッピングセンターの駐車場までホストファミリーに送ってもらい、ファミリーとお別れをした。集まった生徒はそれぞれが精神的に一回り成長し、少し大人になったような顔をしていた。バスに乗り込み、4時間ほどの移動となった。車窓にマンハッタンの摩天楼が見えてくると、ワクワクがとまらなくなった。マンハッタンの中心、タイムズスクエア近くの、まさにニューヨークらしいレストランで昼食をとり、午後は自由の女神、グランドゼロ・911メモリアル、エンパイアステートビルとマンハッタンを満喫した。夜は、JTBニューヨーク支店に勤務している3人の日本の方と会食した。いずれもアメリカの大学を卒業されて間もないとのことで、海外で学ぶことになった動機や海外で仕事をすることの大変さ、やりがいなどについて話していただいた。会場は高級な日本食レストランで、久しぶりの和食をおいしくいただいたが、ビックリするくらいの量であったため、残念そうにしながら食べ残してしまう生徒も多かった。

 

5日目 【ニューヨーク】 Tuesday, March 13

 

ボストンほどではないがニューヨークも寒く、この日はみぞれまたは小雪が舞う天気であった。最初に国連本部に行き、国連職員の解説による本部内の見学をした。生徒は英語に対する耳もずいぶんと慣れ、職員の英語による説明を理解できる者も多くなっていたようである。昼食は、グランドセントラル駅内のフードコートでとった。駅そのものが由緒のあるもので、駅の天井に描かれたデザイン画と星座を示す明かりが鮮やかであった。午後は、メトロポリタン美術館へ行った。ここは西半球で最大の規模を誇り、200万点に及ぶコレクションのうち、約50万点を展示している。約2時間の見学時間では、到底見て回ることは不可能であった。ハイライトは近代ヨーロッパの絵画で、レンブラント、フェルメール、ゴッホ、ルノワール、モネなどの作品が多数展示されていた。その後は車窓からセントラルパーク、プラザホテル、トランプタワーなどを見ながら夜のタイムズスクエアに移動し、昼間ではないかと錯覚してしまうほどの明るいネオンサインを見ながら夕食をとった。

 

 

第6日目 【ワシントンD.C.】 Wednesday, March 14

 

800にホテルを出発し、専用バスでワシントンD.Cに向かった。その移動はニューヨーク州、ニュージャージー州、デラウェア州、そしてメリーランド州を駆け抜けるもので、ニューヨーク近郊のフリーウェイは片側に6車線もあり、そのことからもアメリカの大きさを感じた。ワシントンD.C到着後は、市内が一望できるホテルの最上階のレストランで昼食をとった。偶然、日本語を学習中だというアメリカ人青年とその日本人教師にレストランで居合わせ、その青年の未熟な日本語と生徒たちの片言の英語によるコミュニケーションとなった。彼は海兵隊に所属し、沖縄に赴任したことがあり、近いうちにまた沖縄に行くとの事で、日本について強い関心を持ち好意を寄せており、とてもうれしく思った。その後、リンカーン記念堂、フランクリン・ルーズベルト記念公園、ポトマック河畔を歩いて回った。このうちリンカーン記念堂は、「人民の 人民による 人民のための政治」の演説で有名な第16代大統領エイブラハム・リンカーンを記念した巨大な建造物であるが、さらにこの場所は数々の大規模な政治集会が行われてきたところである。なかでもアメリカ公民権の獲得を訴えるワシントン大行進では、キング牧師による「I Have a Dream」の演説が行われ、その演説の際にキング牧師が立っていた場所が、記念堂前のタイルに記されていた。次にスミソニアン博物館群の一つである国立航空宇宙物館を見学し、ホテルへ戻った。

 

第7日目 【ワシントンD.C.】 Thursday, March 15

 

見学最終日のこの日、まずは国会議事堂を訪れた。寒さはいくぶん緩み、快晴であった。その後は国立アメリカ歴史博物館を見学し、レストランで昼食をとった。午後はホワイトハウスに行った。前日には、少し前にフロリダの高校で起きた銃乱射事件を受けた銃規制を求める集会が開かれ、近づくことが出来なかったということであったが、帰国後には、さらに大規模な全米集会がこの場所で開かれたと日本でも報じられた。最後に国立自然史博物館を見学し、中華街にある中華レストランで夕食を食べて、ホテルへ戻った。次の日は早朝に出発となるため、生徒たちはお土産で増えた荷物をスーツケースに詰め込んでいた。

 

第8日目 【ワシントンD.C.→シカゴ経由】 Friday, March 16

 

まだ暗い中、眠たい目をこすりながら530にホテルを出発し、ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港から国内線でシカゴ・オヘア国際空港へ移動した。ワシントン・ナショナル空港離陸の際には、外は雪が舞っていた。シカゴ・オヘア国際空港はとても大きな規模で、ここで1時間半ほどの待ち合わせの後、1155に日本に向けて飛び立った。

 

第9日目 【日本】 317日(土)

 

1600少し前に成田空港に無事着陸し、専用バスにて2145ころ新潟第一高校に到着した。

 

最後になりますが、この研修に参加させてくださいました保護者の皆様、JTBはじめ旅行社の皆様方に厚く御礼申し上げます。

| 新潟第一高等学校通信 |
高校卒業式が行われました

3月2日(金)、本校体育館におきまして、平成29年度高等学校卒業証書授与式が執り行われました。

 

 

 

本年度卒業生392人、全員へ校長先生から卒業証書が手渡しにて授与されました。

 

 

 

厳粛な空気で行われた式の中、3年間の思いを胸に証書を受け取る卒業生はとても凜々しく、誇らしく見えました。

卒業生並びに保護者の皆様方、大変おめでとうございました。

教職員・在校生一同心から祝福すると共に、皆様の一層のご活躍を願っています。

 

 

| 新潟第一高等学校通信 |
高校1年バス遠足

 さる10月13日、高校1年生のバス遠足は長岡市の八方台いこいの森公園へ行く予定でしたが、遠足当日朝はあいにくの雨模様。しかも長岡市に大雨注意報が発令されていましたので、行先を雨天コースに切り替えました。

 1組から9組を2隊に分けて、A隊(1〜5組)は、前半、近代美術館、後半、歴史博物館でした。B隊(6〜9組)は、前半、歴史博物館、後半、近代美術館でした。

 

生徒たちは、小学生の頃に家族で来たであろう美術館と博物館でしたが、久々に訪れた施設に、芸術の秋を堪能していました。クラスの友だちと会話が弾み、ちょっとした気分転換になったと思います。

| 新潟第一高等学校通信 |
高3バス遠足(五頭山麓いこいの森)

10月13日(金)、高校3年生は五頭山麓いこいの森キャンプ場で飯ごう炊さんを行いました。各自思い思いのご飯をつくり、野外での食事を楽しみました。

 

  

| 新潟第一高等学校通信 |
平成28年度 高校海外研修報告

 高校海外研修はアメリカ東海岸のボストン、ニューヨーク、ワシントンをめぐり、アメリカ合衆国の歴史・文化・経済・政治を体感する7泊9日の研修の旅であった。見学だけではなく、ホームステイ、ニューヨークで活躍されている本校の卒業生や、日本の企業の方々との懇談会もあり、とても充実した内容の研修になった。

 

第1日目 【ボストン】 Friday, March 10

成田空港から約13時間のフライトの後、3月10日(金)午後7時頃(3月10日成田発午後6時30分の便なのだが時差の関係で)、ボストンのローガン空港に到着した。入国手続きなどを無事終え、出迎えのバスに乗り込みホテルに向かった。天気は小雪混じりで、しかもまさに凍えるような寒さであった。夕食会場である『UNO』というピザレストランへ行き、アメリカで最初の食事をした。長時間のフライトにもかかわらず、生徒はみな元気にホテルにチェックインをし、各自の部屋で荷物をとき、明日からの活動の準備を終えて、ようやく眠りに就くことができた。

アメリカでの最初の食事

第2日目 【ボストン】 Saturday, March 11

前夜からの雪が地面を覆いつくし真冬に戻った感じがした。しかも気温は氷点下10度よりもさらに低いとのこと。しかし、寒気は厳しかったが、無風で時折日が差し、ガマンできないほどではなかった。まずボストンでの最初の見学地であるハーバード大学に行った。土曜日の早朝ということもあり、大学構内は閑散としていた。伝統の重みか、これまでの大学の歴史を物語るキャンパス内の建物に目を奪われること度々であった。新潟市内の中学を卒業されたガイドさんが大学の歴史、学生の生活、施設や建物についてエピソードなどを交えながら説明をしてくれた。生徒はみな熱心にガイドさんの話に耳を傾けていた。

   

 ジョン・ハーバード像にて   ハーバード大学正門前にて

 

ボストン美術館へ向かう途中でフェンウエイスタジアムの周辺をバスで見学し、売店に立ち寄った。美術館到着後、約2時間ほどで広い館内に展示されている名画のいくつかを鑑賞した。現在日本の浮世絵は常設の展示作品から除外されているとのこと。その後、昼食をとり、フリーウェイをひた走り、一路ホームステイ先のファミリーとお会いするためにスプリングフィールド市内(バスケットボール発祥の地)にある教会の集会所に向かった。集会所に着くとまもなく、ホストファミリーのリーダー役の女性が、お子さんと一緒に軽食の準備をしてくださった。ピザやサラダや飲み物などが用意された。次々にホストファミリーが到着し、生徒たちは多少緊張気味ではあったが、にこやかに応対し、ホストファミリーとしばらく歓談をしたのち、それぞれのホームステイ先へと向かった。

 

第3日目 【ボストン近郊】 Sunday, March 12

各ホームステイ先で一日を過ごす。この日からサマータイム制がスタートした。真夜中の2時に時計の針を1時間進めるそうだ。

 

第4日目 【ニューヨーク】  Monday, March 13

土曜日に別れた教会の集会所にふたたび集合した。生徒は一人一家庭のホームステイを経験して、それぞれが精神的に一回り成長し、ちょっぴり大人になったような顔をしていた。ホストファミリーと別れ、バスでニューヨークへと向かった。トンネルをまったく通過することなく、4時間ほど起伏のない平坦な道をバスに揺られ、昼食会場のPlanet Hollywoodに到着した。天気予報によればかなりの積雪が今後予想されるとのことで、この日の午後から翌日までの予定を検討した。昼食後、タイムズスクエア、自由の女神に行ったが、あいにくの曇り空で、自由の女神は、かすかにその姿が見える程度だった。自由の女神を後にして、9・11同時多発テロで崩壊した世界貿易センタービルの跡地に作られた、グランドゼロ・9・11メモリアルを訪れた。多くの人々が犠牲者の冥福を祈っていた。その後、エンパイアステートビルからニューヨークを一望した。予想に反してそれほどの混雑もなく、スムーズにエレベーターで86階にある展望台に上ることができた。展望台からはマンハッタン島にひしめく高層ビル群を一望し、遠くには自由の女神像も見ることができた。世界経済の中枢であるマンハッタンは生徒の目にはどのように映ったのだろうか。その後、新潟第一中学校のOBでJTB USAにお勤めの竹田さんほか2人の方と合流した。3人の方とは夕食をとりながら話をお聞きすることになっていた。いずれもアメリカ国内の大学を卒業されており、今までの経験や海外で仕事をする大変さややりがいについて話していただいた。とても刺激的で貴重なひとときを過ごすことができた。夕食後、アメリカ人の日常の生活を実感できる食料品スーパーマーケットに行った。陳列されている食料品からアメリカと日本の食文化の違いを実感し、買い物の体験もできた。明日の天候に備えての買い物客も相当数来店し、店内は混雑していた。

    

 タイムズ・スクエアにて     卒業生との会食を終えて

 

第5日目 【ニューヨーク】 Tuesday, March 14 

発達した低気圧(STELLAと命名された)の影響による積雪のために地下鉄以外の公共交通機関の運休と公共施設の休館という事態に遭遇した。前夜からガイドさんがこの日利用できる地下鉄の経路や見学できる施設を調べてくださり、朝食後混乱もなくグランドセントラル駅に行くことができた。地上を走る電車は運休(canceled)という希有な時刻表を目にすることができた。駅の天井に描かれたデザイン画と星座を示す明かりが鮮やかであった。生徒はアメリカではじめて自分で注文をして食事をとる体験をした。英語を話したり聞き取ったりすることにも少し慣れてきたようでそれぞれが思い思いの昼食を楽しんでいた。その後この日唯一見学可能なニューヨーク近代美術館に向かった。入口付近から混雑し、入館できるまでかなりの時間を費やした。しかし、見応えのある作品が数多く展示されていた。美術館の窓が非常に大きく設計されていた。窓から見える中庭の木々と、その背後にそびえる摩天楼が絵画のようであり、設計者が意図した風景を観賞することができた。歩道の状況は除雪や融雪が進み比較的歩きやすかったのでセントラルパークまで歩いて移動することにした。セントラルパーク入口にあるプラザホテルに入館し、宿泊先のホテルまで運行を開始したバスに乗って引き返した。夕食をとったレストランが、タイムズスクエアに面していたこともあり、きらびやかネオンサインがまぶしく、大勢の観光客で混雑していた雰囲気を少し楽しんだ後ホテルに戻った。

 

第6日目 【ワシントンD.C.】 Wednesday, March 15

朝8時にニューヨークのホテルを出発し、専用バスでワシントンD.C.に向かった。その移動はニューヨーク州、ニュージャージー州、デラウエア州そしてメリーランド州を駆け抜けるもので、午後1時すぎにワシントンに到着した。ポトマック河畔にあり市内が一望できるホテルの最上階のレストランで昼食をとった後、リンカーン記念館に行った。館内には第16代大統領エイブラハム・リンカーンの巨大な大理石像がある。南側の内壁面には「人民の、人民による、人民のための政治」で有名なゲティスバーグの演説の全文が刻まれていた。次にスミソニアン博物館群の一つである国立航空宇宙博物館を訪れた。ライト兄弟の飛行機やアポロ11号の司令船など、航空や宇宙技術に関する展示が充実しており、とても人気のある博物館であるため、多くの人が訪れていた。次に国立自然史博物館を訪れた。この博物館もスミソニアン博物館群の一つであり、航空宇宙博物館と同様に人気のある博物館である。太古から現代にいたる地球の自然史を学べる博物館で、入り口からすぐのところに展示してある象のはく製は圧巻であった。

  

リンカーン記念館にて      リンカーン像

 

第7日目【ワシントンD.C.】 Thursday, March 16

見学最終日。まず国会議事堂を訪れた。気温はあいかわらず低かったが快晴であった。一度咲き開いたこぶしやおかめ桜などが寒波の影響で枯れてしまったそうだ。(帰国後、例年通り桜祭りが開催され、人々の目を楽しませてくれる桜の花がニュース映像に登場した。)次にホワイトハウスに行ったが、官邸に近づいたとたんに、シークレットサービスが大声で、この場から立ち退くようにと叫ぶ声がした。ガイドさんによればよくあることらしい。ホワイトハウス周辺の厳重な警備の様子を見ることができた。同時多発テロ以来一段と厳重になったそうだ。レストランで昼食をとった後、バスで40分くらい走ったところにある、国立航空宇宙博物館の別館にあたる、スティーブン・F・ウドヴァーヘイジー・センターを訪れた。第二次世界大戦時に使用された戦闘機やエール・フランス・コンコルドなどの航空機が数多く展示されていた。また、スペース・シャトル・ディスカバリーなどの、宇宙船やロケットが展示されているコーナーもあった。移動の途中で、ガイドさんからアメリカの学校制度に関して、特に大学入試などについて詳しく説明していただいた。また、生活面での日米の違い、仕事に臨むときの考え方など、多岐にわたって熱心にご自身の経験を交えながら話していただき、非常に参考になりありがたかった。再びワシントンD.C.に戻り、中華街にある大きな中華料理店で夕食を食べた。翌日は空港へ出発する時間が早く、ホテルで朝食がとれないので、その朝食を調達するためスーパーマーケットに立ち寄った。いわゆる日本のコンビニエンスストアのような品揃えの店であり、日本のコンビニと同じ役目を果たしているようだ。

  

国会議事堂にて         ホワイトハウスにて

| 新潟第一高等学校通信 |
平成28年度 高校卒業式

平成29年3月3日(金)、本校体育館にて高校卒業式が行われました。

卒業生 290名、一人ずつ校長先生より卒業証書を受け取りました。

  

   

  

卒業生・保護者のみなさま、おめでとうございます。

教職員・在校生一同、心から祝福するとともに、みなさまのこれからの活躍を願っています。

| 新潟第一高等学校通信 |
修学旅行(高2)

 10月11日から14日にかけた3泊4日の間、高校2年生は京都・奈良へ修学旅行に行きました。1日目は新幹線で京都まで行き、クラス別の体験学習と能鑑賞がありました。2日目は京都、3日目は奈良の班別研修で、各班の班長・研修係を中心に行程表や事前レポートを作成したこともあり、研修のテーマをしっかり持って見学できたようです。最終日のクラス別研修では、クラスメートとともにゆったりと見学できたようです。天候にも恵まれ4日間の日程をすべて終了して無事帰ってきました。

   

   

   

| 新潟第一高等学校通信 |
八方台登山(高1)

   10月14日(金)、高校1年生は長岡市の八方台を登山しました。最高の秋晴れの中、約10kmの道のりを全員登りきりました。いこいの森公園で昼食をとり、学年の友達やクラスメイトと楽しい時間を過ごせました。

 

   

 

 

 

 

| 新潟第一高等学校通信 |
バス遠足(高3)

 高校3年生は10月14日(金)、五頭山麗いこいの森キャンプ場で飯ごう炊さんを行い、雲ひとつない秋空の下で楽しく昼ご飯を食べることができました。

 各クラス担任の感想です。

1組:各班よく工夫して作っていて、とてもおいしそうだった。

2組:こしょうをふったジャガイモがおいしかった。

3組:各班たいへんよくできました。

4組:作っている雰囲気が楽しそうで、焼シャケが美味。

5組:予想外のおいしさ!!

6組:すべておいしかった。カレーと焼肉は絶品。

7組:食べるのが恐かったが、とてもおいしかった。

8組:クラスの料理も教員チームの鍋も、すばらしかった。

 

  

| 新潟第一高等学校通信 |
高校オープンスクールを実施しました。

8月1,2日(月,火)の二日間、本校にて高校オープンスクールを実施しました。

国語の模擬授業や剣道部による部活動紹介、校舎見学、食堂体験などが行われました。

この二日間、たくさんの中学生・保護者様にご来校して頂き、本当にありがとうございます。

 

下記の日程にて、高校入試説明会が行われます。

事前の参加申込みの必要はございません。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

高校入試説明会

11月5日(土)

時間:10:00〜11:30(受付:9:30〜10:00)

会場:本校6階大ホール

| 新潟第一高等学校通信 |