SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

石善学園ブログ

新潟第一中学校・新潟第一高等学校のブログです。
新潟島ウォークを行いました(中学1・2年生)

 103日(木)、中学1・2年生合同で、新潟島1周、約14kmのコースを歩きました。

 小雨に降られることもありましたが、過ごしやすい気温の一日で、楽しそうに新潟島を歩いていました。昼食休憩をとった「マリンピア日本海」では、イルカショーや館内の生き物たちを見ることができました。後半は疲れた様子も見られましたが、友達と励まし合いながら、学校まで無事戻ることができました。楽しそうな顔、達成感に満ちた顔など、生徒の様々な顔を見ることができました。今回の遠足を通して、生徒たちは親交をより深め、新潟島の風景や魅力などを再発見できたようです。

 

 

 

| 新潟第一中学校通信 |
卒業生の皆様へ

 卒業証明書等の各種証明書の交付を希望される方は,お電話でお問い合わせ下さい。

新潟第一中学・高等学校 TEL 025−231−5643

 

また、卒業生も対象となる奨学金の募集がきています。詳細は以下のURLから確認してください。

 

http://info.n-daiichi.main.jp/?eid=1224068


 

| 新潟第一高等学校「同窓会通信」 |
国際理解ワークショップ(中学1〜3年生 総合)を行いました。

 917日から193日間、新潟県国際交流協会が主催している「国際理解ワークッショップ」を総合の授業で実施しました。3年目の今年度は、新潟県立大学・新潟大学の3つの学生グループが、各クラス90間の異文化理解に関するワークショップを開きました。大学生と一緒に話したり学んだりできる機会で、生徒も毎年楽しみながら参加しています。来年2にも同じ大学の学生による国際理解ワークショップを開催予定です。普段の授業では学べない様々なトピックについて、視野をさらに広げてほしいと思います。

 

中1「やさしい日本語で多文化共生」(新潟大学)

 日本で暮らす外国人が増加している現状についてクイズ形式で紹介してもらい、多くの外国人が必ずしも英語を母国語としないことに気付きました。英語を母国語としない外国人のコミュニケーションのための方法を議論し、「英語を母国語としない外国人には、簡単な日本語に言い換える『やさしい日本語』を使ってコミュニケーションをとろう」ということを学びました。実際に地震などが起きたときに使う日本語を「やさしい日本語」に言い換えて、班ごとに発表しました。

 

中2「ひとりひとりの幸せ 〜幸せは歩いてこない、だから歩いていくんだね〜」(新潟県立大学)

 英語を交えたワークショップでした。日本や他国の実例を用いて、様々な「幸福」の形を紹介し、大学生が作ってきた人生ゲームをやったり、自分たちで考えた人生ゲームをやったりしました。将来自分がしたいことや幸せについて、「富や成功が必ず『幸福』とつながると言えるのか、逆に、それらがなければ『幸福』ではないのか」を大学生と一緒に考えたワークショップでした。「人それぞれ『幸福』の形は違い、一人ひとり自分なりの『幸福』の形を追い求めるべきだ」という大学生の思いが伝わる時間となりました。

 

中3「ラチとは〜あなたならどうする〜」(新潟県立大学)

 北朝鮮の拉致問題について取り上げました。聞いたことはあっても、あまり知らないという生徒が多かったので、拉致問題の歴史や国についての説明など興味深く聞いていました。「自分や自分の大切な人が突然いなくなってしまう怖さ」「拉致問題はまだ解決していないということ」を学びました。被害者と家族の苦しみ、人権と家族の大切さについて考えてほしいという大学生の思いが伝わり、「日常生活や家族・友人などに日頃から感謝したい」という感想があがりました。このワークショップにはNHK取材も入り、ニュースで放送されました。

 

 

 

 

| 新潟第一中学校通信 |
SDGsワークショップ(中学3年生 石善フィロソフィー)を行いました。

 99日(火)・10日(水)、中学3年生の石善フィロソフィーの授業で、「SDGsワークショップ」を実施しました。認定特定非営利活動法人 新潟NPO協会の代表理事・事務局長である石本貴之様をお招きし、概要説明とゲームを各クラス2時間、振り返りを2クラス合同で1時間行いました。

 「SDGs(持続可能な開発目標 Sustainable Development Goals)」は2015年に国連サミットで採択された国際目標です。今回のワークショップでは、2030年のわたしたちの世界がどうなっているのかをシミュレーションするゲーム「2030 SDGsを行いました。お金と時間を使って、プロジェクト活動を行うことで、最終的に自分たちのゴールが達成されたかどうかでゲームの成否が決まるもので、今の世界の課題を自分事として考えるきっかけとなりました。今後、さらに授業で探究していきたいと思います。

 

 

 

| 新潟第一中学校通信 |
第1回中学校入試説明会を実施しました。

 921日(土)、第1回中学校入試説明会を行いました。学校長挨拶、出願の流れの説明、学校紹介DVDの放映をした後、国語と算数の入試問題の傾向と対策についてご説明致しました。お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。

 第2回中学校入試説明会は、1026日(土)に本校で実施致します。9:30受付開始/10:00開会です。是非お越しください。

 

 

 

| 学校からのお知らせ |
学園祭が行われました

 9月7日(土)、令和元年度 学園祭が行われました。

 今回の学園祭では、今までの「講演会を開いて見聞を広げる学園祭」から、生徒会が目指してきた「クラスイベントを行う学園祭」になりました。初めての試みで分からないことも多くありましたが、先生方、生徒の皆さんの協力のおかげで、大変素晴らしい学園祭になったと思います。来年以降、もっと自由でみんなが楽しむことのできる学園祭になっていけば嬉しく思います。

 文化クラブ委員が各イベント・ブースの様子を記事にしました。是非、下の画像をクリックしてご覧ください。(PDF画面へ移動します。)

 

 

| 学校からのお知らせ |
令和元年度 学園祭について(ご案内)

上記文書を配布しました。

| 学校からの配付物 |
エンパワーメントプログラムを実施しました。

 8月5日(月)から8月9日(金)の5日間、新潟第一ホテルで希望者による「エンパワーメントプログラム」を実施しました。外国人講師に加えて、アメリカ・カナダ・エジプトからの大学生を招いてプログラムを行いました。

 朝の9時から午後3時までの長時間にわたる英語だけの授業は、生徒にとっては大きな挑戦でしたが、日々上達し、大きく成長していると実感しました。拙いながらも、自分や日本のことなどを外国の学生に対して一生懸命伝えようと努力する姿が見られました。

 授業で学んだ「ポジティブ・シンキング」の考え方から、「失敗してもいいから、英語を自分からもっと使おう」と思った生徒も多く、英語だけでなく、英語を学ぶモチベーションにもつながりました。

 また、英語で自分の意見を言うこと、人前で英語で発表することが苦手な生徒も、だんだん話すことができていました。各グループに1人外国人講師がついているので、少人数でのディスカッションやプレゼンテーションができました。英語を話す機会が普段よりも多くある恵まれた環境で、多くのことを学んでいました。大学生のホームステイを受け入れた生徒もいて、充実した時間となりました。

 中学3年生・高校1年生は、3月に希望者による海外研修があります。英語が拙くてもコミュニケーションをとろうとする姿勢は、今後必ず活かされると思います。今回の貴重な経験を活かして、さらに英語の力をつけて、海外研修に臨んで欲しいと思います。

 

 

 

 

| 学校からのお知らせ |
第2回中学校見学会を実施しました。

 824日(土)、第2回中学校見学会を行いました。学校長挨拶、学校概要説明、授業見学、学校紹介DVDの放映などをしました。その後、総合(英語)の授業での取り組みをご覧いただきました。中学3年生は外国について調べてまとめたプレゼンテーションを英語で行い、中学2年生は「3匹の子豚」をアレンジした劇を英語で披露しました。最後に、中学合唱部が「ジブリメドレー」を歌いました。

 お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。

 

 入試説明会は921日(土)・1026日(土)に本校で実施致します。両日とも9:30受付開始/10:00開会です。入試問題の傾向と対策などをご説明します。是非お越しください。

 

 

| 新潟第一中学校通信 |
中学校1年生 サマーキャンプ

 7月29日()〜7月31日()に、中学1年生サマーキャンプを実施いたしました。初日はあいにくの天候となってしまいましたが、ほぼ予定通りプログラムを実施することができました。

 初日はグループごとでのオリエンテーリング、2日目はクラス班ごとの妙高アドベンチャープログラム、3日目もクラス班ごとでのネイチャーゲームと、妙高の大自然に親しみながら仲間との絆や信頼関係を深める機会の多い3日間でした。

また夜間には班ごとでのスタンツを行うなど、仲間との宿泊体験も含め生徒は大いに楽しんでいた様子が見られました。

「良い顔」になって学校に戻ってこようと話をして出発しましたが、帰ってきた生徒たちの様子をみると、充実感のある「良い顔」となっていたように思います。今回の体験を今後に活かしていって欲しいと考えています。

 

| 新潟第一中学校通信 |